名古屋高速の職員感染/閉鎖料金所は?区間地図と緊急措置も!

 

2/23の早朝、名古屋高速の受け渡し職員がコロナウィルス感染のニュースが入りました

 

そのため、名古屋高速は6つの料金所の閉鎖を決定しました。

現在名古屋高速のサイトは、アクセスの集中によりサーバーダウンしてしまっています。

 

情報が分からないことには利用者としてもとても困りますよね。

こちらの記事では下記の内容をまとめていきます!

 

  • 閉鎖する料金所は?
  • 緊急措置はどうなるの?

 

 

 

 

閉鎖する料金所は?

名古屋高速の名駅入り口=名古屋市中村区

引用:朝日新聞デジタル

 

 

高速道路公社は22日夜、愛知県内の感染者4人のうちの60代男性が、料金所で収受業務を行う会社の事務員であると発表しました。

事務員と濃厚接触した疑いがある料金収受員ら52人に自宅待機を指示。

それによる人手不足で5料金所をすでに閉鎖。

 

・六番南入口

・木場入口

・六番北入口

・船見入口

・烏森入口

 

『23日からは東海新宝入口も加えた計6料金所を閉鎖する』と発表しています。

地図で見ると下記の通りです!

 

 

 

緊急措置は?

 

現在、サイトがダウンしているため緊急措置などの発表はまだありません。

通勤やお出かけで利用する予定だった方達にとっては死活問題です。

 

 

確かに、閉鎖にする必要はありませんよね!

ETCの部分だけでも開放すればいいように思いますが、、

 

 

 

 

JRやタクシー会社も感染者が出たら、営業がストップする可能性もありますね。

それを考えると、本当に日本の経済がどうなってしまうのか。

コロナの影響が想像以上に大きくなっており恐ろしいです、、

 

 

 

まとめ

 

今後、名古屋高速の判断がどのようにされるのか待ってみないことには分かりませんね、、

今は、不要不急の外出を控え、手洗いうがいをし、健康的な生活を心がけましょう!!