島津製作所/コロナ検査キット提供へ!時期や料金、検査方法は?

 

本日3月4日のお昼に『コロナ検査キット提供予定』というニュースが飛び込んできました!

開発しているのは、ノロウイルス検査用の試薬を開発している島津製作所!

 

特に持病をお持ちの方や、妊婦さんなど、薬を服用できない方は不安に思う方も多いので、とても良いニュースですね。

詳細が気になりますね!

 

 

 

 

こちらの記事では、下記の内容をまとめていきます!

 

  • 島津製作所ってどんな会社?
  • 提供の時期はいつ?
  • どのような検査内容なの?
  • 料金は?

 

 

島津製作所ってどんな会社?

 

今回コロナ検査キットの開発を進めている京都の『島津製作所』

どのような会社なのでしょうか?

 

 

島津製作所は140年以上にわたり事業を展開してまいりました。

今や、分析・計測機器や産業機器はさまざまな産業の現場で幅広く活用いただいており、お客様の事業を通して、社会に安心や利便性を届ける一助となっています。

また、医療機関における診断や治療、新薬の研究開発を支援する機器は、人びとの健康を守る医師や研究者をサポートし、その活躍の場を広げています。

平坦な道のりではありませんが、失敗を恐れず、どんな困難にもひるむことなく立ち向かいます。

人々の願いを実現し、社会に貢献するために、島津製作所はこれからも挑戦を続けてまいります。

代表取締役社長 上田 輝久

 

開発している製品は、産業や医療の現場で幅広く使用されているようです。

また、ノロウィルスの検査薬を提供していることでも有名で、今回はその薬を応用しているのです!!

 

 

 

ノーベル賞受賞者も

 

2002年にノーベル化学賞を受賞された田中耕一さんも所属されていました!

 

 

 

 

信頼が厚い、超優良企業ですね!!

 

 

提供時期はいつ?

 

引用:京都新聞

 

島津製作所からは、3月中に提供を目指すと発表されています。

ノロウイルス検査用の試薬をコロナウイルス用に応用。

 

従来の検査工程の一部を省略し、検査時間の短縮やコスト削減に繋げられます。

約5万件を検査できるキットを『毎月生産』していく予定とのこと。

 

 

検査方法は?

 

約1時間で新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調べられる検査キット

 

 

現在主流のPCR検査は、喉を綿棒でこすって採取した粘液や、たんに含まれるウイルスの遺伝子を専用の装置で増幅して検出するもので、結果の判明まで6時間程度かかっているそうです。

 

しかし、新しい検査キットは無駄な工程を省き、1時間で結果が分かるのです!!

5時間も短縮できるなんて、素晴らしい研究者の方が集まっている証拠ですね^^

 

料金は?

 

もし、検査を受けるとなった場合、いくらかかるのでしょうか?

検査薬はまだ発表されていないため、既存のノロウィルス検査薬を見てみましょう!

 

 

名称 「ノロウイルス拭取り検査用試薬キット」(研究用試薬)
価格 230,000円(使用回数100回、税別)

 

こちらのキットだと、2,300円/回

 

病院でノロウイルス抗原検査を受ける場合、初診料を含めると5,000~6,000円程度の費用がかかります。

一方、再診の場合、費用は3,000~4,000円程度です。

自費診療と保険診療を混合して受けることはできないため、ノロウイルスの検査を自費で受ける場合は、初診料も保険適用にならず、全額自己負担となります。

検査の結果、ほかの処置が必要になった場合や、薬の処方などがあれば、この費用に上乗せされます。

 

お住いの地域や病院にもよると思いますが、コロナの査自体は3,000-4,000円で受けることができると予想します。

短期で開発が進んでいるため、もう少し高額になる可能性もあるかもしれません!

 

まとめ

 

島津製作所のコロナ検査キット提供についてまとめました!

特に飲食店や接客業の方は、毎日お仕事しているだけでも不安が付きまといますよね、、

1日でも早く、検査薬が提供され、皆さんが検査を受けられますように!!